1. ホーム
  2. 職業
  3. 賢者

賢者

魔法使いと僧侶を極めた者が転職できる上級職。魔法使いや僧侶では習得できなかった強力な回復呪文・補助呪文・攻撃呪文を習得し、MP増加と消費MP減少が相まって、呪文の使用可能回数も格段に多くなります。最大HPや身の守りは相変わらず下降してしまいますが、それをはるかに上回るメリットを持つ職業であり、終盤のボス戦は賢者の数が多いほど難易度が下がると言って間違いないでしょう。

勇者への転職条件にも含まれるので、ミレーユ、バーバラ、チャモロはぜひ早めにマスターしたい職業です。

職業概要

能力値変化

最大HP 最大MP 素早さ 守り 賢さ かっこよさ
-20% +20% -30% +5% -20% +20% -

熟練度で習得する呪文・特技・特性

熟練度名称 習得呪文・特技 特性 戦闘回数
1 ウォーロック マホキテ - -
2 ハイウォーロック フバーハ - 15
3 ビショップ バシルーラバイキルト 消費MP-10% 25
4 ハイビショップ つなみしょうかん 消費MP-10% 30
5 ウィザード ベホマラーじわれ 消費MP-25% 40
6 ハイウィザード マヒャドザオリク 消費MP-25% 40
7 アークウィザード メガンテマジックバリア 消費MP-40% 60
8 スペルエンペラー イオナズンザラキーマ 消費MP-50%、
最大MP+20
60
★8までの合計戦闘回数
  • 270回

この職業になるために必要な基本職

使いどころ

強力な呪文を使いこなす

賢者の呪文の中には、マホキテやバシルーラのように無意味なものもありますが、多くの呪文は終盤のボス戦で重要な役割を果たします。

フバーハ(★2)
炎や吹雪のダメージを半分に減らせる呪文。デスタムーア第1形態が使ってくる攻撃は残念ながら防げませんが、第2形態の「しゃくねつ」を防げるメリットは大きいでしょう。
バイキルト(★3)
攻撃力を2倍にする呪文。「ちからため」や「きあいため」と併用すると4倍強になり、その状態で「せいけんづき」を当てれば8倍強ものダメージを叩き出せます。
ベホマラー(★5)
味方全体のHPを大幅に回復できる強力な呪文。馬車内の仲間も回復できるので、最終決戦では切り札となります。
ザオリク(★7)
死亡した仲間1人を完全回復する呪文。ザオラルとは比較にならない信頼性があります。終盤のボス戦で死者が出た場合は、この呪文でなければ助からないと考えましょう。
イオナズン(★8)
おなじみの強力な全体攻撃呪文。アクバー戦やデスタムーアの第3形態で両手にダメージを与える手段として有用です。

呪文を使い放題

賢者は最大MPが20%上昇するばかりか、熟練度が上がるほど呪文の消費MPが少なくなり、★8では通常の半分のMPで呪文を使えるようになります。ボス戦の生命線であるベホマラーを消費MP9、ザオリクを消費MP10で使えれば、ほぼ使用制限なしと言ってもよいくらい、使い放題になります。もちろん、イオナズンやギガデイン、「ギガスラッシュ」「ジゴスパーク」なども繰り返し使えるようになり、ザコキャラ戦でもボス戦でも非常に高い回復力と攻撃力を発揮できます。この点だけで考えても、他の職業をすべてマスターした仲間が最終的に就く職業として十分候補になります。

「やまびこのぼうし」があればなお強力

デスコッドで入手できるほか、ブースカやメタルキングが落とす「やまびこのぼうし」を装備すれば、呪文が2回発動になり、少ない消費MPで呪文の威力を2倍にできます。ゲームクリア前に「やまびこのぼうし」を入手し、★8まで極めた賢者が2人いれば、それだけでデスタムーアには勝利したも同然でしょう。

マダンテを極限まで強くする

極めつけは高いMPを最大限活用して、マダンテを使うことです。もともとのMPが高いバーバラが賢者に転職してマダンテを使えば、敵全体に絶大なダメージを与えることができます。むろん、マダンテ使用後はMPが0になるため、ほとんど行動できなくなるリスクがありますが、海底宝物庫のキラーマジンガ、牢獄の城のアクバー、デスタムーアの最終形態、ダークドレアムとの決戦などで、とどめの一手として使うとよいでしょう。MPを999にしてマダンテを使えば、耐性のない敵には1998ダメージを与えることになります。