1. ホーム
  2. 職業
  3. 魔法戦士

魔法戦士

戦士と魔法使いを極めた者が転職できる上級職。属性の付いた直接攻撃系の特技や、魔法使いの時に覚えなかった新たな呪文などを覚えていきます。ただ、上級職ながら能力値の変化率はあまり良くなく、職業特性にも恵まれず、勇者への転職条件に含まれていないのが何より残念なところです。特技もメラゾーマ以外はさほど必要ないか、他の職業で習得できるので、少なくとも主人公をはじめとする戦士タイプの仲間は、この職業は後回しにしてもよいでしょう。

職業概要

能力値変化

最大HP 最大MP 素早さ 守り 賢さ かっこよさ
-10% +10% +5% -10% -15% - -

熟練度で習得する呪文・特技・特性

熟練度名称 習得呪文・特技 特性 戦闘回数
1 メラファイター かえんぎり - -
2 バイキルター バイキルト - 12
3 デインキラー いなずまぎり - 12
4 スペルキラー マホターン - 26
5 ブリザーダー マヒャドぎり - 40
6 バシファイター バシルーラ - 50
7 マグマソード マグマ - 50
8 フォースロード メラゾーマ 最大MP+20 50
★8までの合計戦闘回数
  • 240回

この職業になるために必要な基本職

使いどころ

属性攻撃で弱点を突く

魔法戦士は物理攻撃でギラ系、イオ系、ヒャド系の弱点を突けるので、敵の弱点を把握していれば、MPを使わずに割り増しのダメージを与えることができます。通常の戦闘だけでなく、ボス戦でも属性攻撃は役立ちます。デュランやデスタムーア第2形態には「いなずまぎり」で1.3倍ダメージ、その他のボスにも弱耐性の属性を使うことによって1.1倍ダメージを与えられます。バイキルトや「きあいため」と組み合わせれば威力は絶大なものとなります。

なお、★1(メラファイター)で覚える「かえんぎり」はギラ系、★3(デインキラー)で覚える「いなずまぎり」はイオ系なので、属性を間違えないように使いましょう。

バイキルトを早く覚える

バイキルトは賢者★3でも覚えますが、魔法戦士の方が若干早く覚えられるので、一刻も早く2倍の攻撃力を発揮したい場合は、魔法戦士で習得するのもよいでしょう。バイキルト+「せいけんづき」ならば4倍ダメージ、バイキルト+「ちからため or きあいため」+「せいけんづき」ならば8倍強という凄まじいダメージを実現できます。もちろん、上述の属性攻撃と組み合わせても十分強力です。

メラゾーマ2連発でボスを撃退

魔法戦士の一大特権は、★8でメラゾーマを習得できることです。この呪文は単体に与えるダメージが非常に大きく、かつ多くのボスが無耐性か弱耐性のため、終盤で威力を発揮します。デスタムーアもダークドレアムもメラ系には弱く、「やまびこのぼうし」で2回発動させれば、1回の攻撃で400近いダメージを与えることが可能です。勇者のギガデインや「ギガスラッシュ」には及びませんが、それに近い強力な攻撃呪文なので、「やまびこのぼうし」を装備できるミレーユ、バーバラ、チャモロなどは、勇者を目指す前にいったん魔法戦士をマスターするのも賢い選択です。