1. ホーム
  2. 職業
  3. 武闘家

武闘家

肉体を使った特技を多く覚える基本職。素早さが上がるので、敵よりも先に行動しやすくなります。さらに熟練度が上がるほど会心の一撃を出す確率が高くなる特典付きです。戦士と比べると、素早さで大きく勝る一方、最大HP、力、身の守りでは劣ります。守備力は無職の時よりも甘くなってしまいますが、特技は戦士以上に有用なものが多いので、欠点を大きく上回る長所があります。ボス戦でも非常に頼りになる職業です。

唯一の難点は、基本職の中では熟練度の上がり方が最も遅いことです。

職業概要

能力値変化

最大HP 最大MP 素早さ 守り 賢さ かっこよさ
- -50% - +15% -10% -20% -

熟練度で習得する呪文・特技・特性

熟練度名称 習得呪文・特技 特性 戦闘回数
1 まきわり あしばらい - -
2 しろおび まわしげり - 16
3 しょだん かまいたち 会心の一撃が出やすい(※) 16
4 くろおび みかわしきゃく 会心の一撃が出やすい(※) 28
5 しはんだい せいけんづき 会心の一撃が出やすい(※) 30
6 しはん きゅうしょづき 会心の一撃が出やすい(※) 35
7 めんきょかいでん ともえなげ 会心の一撃が出やすい(※) 33
8 かくとうおう ばくれつけん 会心の一撃が出やすい(※) 42
  • ※熟練度が高いほど確率が高い。
★8までの合計戦闘回数
  • 200回

この職業が必要な上級職

使いどころ

単体・複数攻撃の特技をバランス良く習得

武闘家に転職する大きなメリットは、覚える特技が優秀であることです。出現した敵の数によって、単体攻撃と複数攻撃を使い分けるとスムーズに勝利できます。

まわしげり(★2)
直接攻撃と同じ攻撃力で敵グループを攻撃できます。後ろにいる敵ほどダメージ率は低くなりますが、ムチやブーメランを使わなくてもグループ攻撃できるメリットは大きく、序盤・終盤を問わず使える特技です。
かまいたち(★3)
レベルに比例して威力が大きくなる特技。敵の守備力に関係なくダメージを与えられるので、守備力の高い敵に使うと効果的です。また、自分の攻撃力も関係ないので、ミレーユ、バーバラ、チャモロなどの非戦士タイプの仲間でも大ダメージが狙えます。
せいけんづき(★5)
武闘家の看板特技。敵1体に通常の2倍のダメージを与えられます。岩石系に耐性を持つ敵には外れやすくなるものの、無耐性の敵には常にこの特技で攻撃していきましょう。
ばくれつけん(★8)
通常の半分の威力で4回攻撃できる特技。与えるダメージの合計は「せいけんづき」と同じくらいですが、こちらは無属性なのでどんな敵にも有効です。また、複数の敵を攻撃できるので、さほどHPの高くない敵ならば2~3体を一度に倒せることもあります。

メタル狩りでも活躍

武闘家は熟練度が上がるほど会心の一撃を出す確率が上がります。この特性は通常の戦闘でも有利ですが、はぐれメタルやメタルキングが出現した時に便利です。素早さの高さも相まってメタル系スライムを倒せる可能性が上がるでしょう。ただし、すでに戦士の「まじんぎり」を覚えていたり、「まじんのかなづち」を入手している場合はそれらを使うべきです。

素早さは回復・補助にも活かせる

武闘家の素早さの高さは、攻撃だけでなく回復や補助にも有利です。仲間のHPが危ない時、素早さが高ければ、敵に攻撃される前に回復呪文を唱えることができます。また、スクルトやフバーハなどの補助呪文も早めに使って、味方全体を敵の攻撃から守ることができます。バイキルトも対象の味方よりも先に唱えれば、確実に2倍のダメージを与えられます。

ただし、武闘家は最大MPが半分になってしまうため、あまり呪文を使うとMP不足になってしまいます。回復については「ゲントのつえ」や「けんじゃのいし」などのアイテムを活用した方がよいでしょう。