1. ホーム
  2. ボス戦攻略
  3. デスタムーア(第1形態)

デスタムーア(第1形態)

基本データ

ステータス

HP MP 攻撃 守備 素早 EXP G 落とすアイテム(確率)
2000 290 250 150 0 0 -

呪文などの有効率

ダメージ系
  • メラ
  • ギラ
  • イオ
  • ヒャド
  • バギ
  • デイン
  • 吹雪
  • 岩石
  • 軍隊
状態異常系
  • ラリホー
  • マヌーサ
  • マホトーン
  • メダパニ
  • マヒ
  • 1ターン休み
  • 踊り封じ
低下系
  • ルカニ
  • マホトラ
即死系
  • ニフラム
  • ザキ
  • メガンテ
  • 太字:確実に効く
  • 黒字:よく効く
  • 灰字:あまり効かない
  • 灰字:効かない

特性

  • 1~2回行動

行動

パターンA(ローテーション)
  1. 激しく燃え盛る炎 or 凍てつく冷気
  2. 直接攻撃 or 飛びかかり
  3. マホカンタ or パターンBへ移行
パターンB(ローテーション)
  1. もうどくのきり or いてつくはどう
  2. イオナズン or 念じボール
  3. めいそう or パターンAへ移行

戦う場所

攻略法

ドラクエ6のラスボス第1形態。SFC版のパッケージで背景に青白く描かれている老人の姿。最初の形態でありながら、強力な全体攻撃や「めいそう」を使い、これまでのボスとは比較にならないほどの強さを見せつけます。行動パターンはAとBの2タイプがあり、最初は必ずパターンAから始まります。

強力な炎・冷気を回避するには

最初の1ターン目に使ってくる全体攻撃はどちらも強力で、「激しく燃え盛る炎」は全体に168~188の炎系ダメージ、「凍てつく冷気」は全体に124~134の吹雪系ダメージを与えてきます。いずれも防具の特殊効果で軽減できますが、フバーハでは残念ながら軽減できません。

これらの全体攻撃を使ってくるターンは、アストロンを使えば確実に回避できます。アストロンが使えない場合は、HPが高い仲間1人だけを残して他のメンバーを馬車に退避させ、防御してやり過ごす手もあります。

はぐりんが大活躍?

「激しく燃え盛る炎」と「凍てつく冷気」は、はぐれメタルならば無効化できるので、馬車の外をはぐりん1人にすればノーダメージとなります。ただし、デスタムーアの次の行動は直接攻撃か「飛びかかり」なので、はぐりんの守備力やHPが低いと一撃で倒されてしまいます。また、パターンBで使ってくる「念じボール」は守備力無視のダメージを含むため、はぐりんは致命傷を受けてしまいます。

呪文・特技で弱点を狙う

この戦闘ではフバーハを使う意味はなく、スクルトやバイキルトを使っても「いてつくはどう」で解除されてしまうことが多いので、呪文や特技で弱点を突くのがおすすめです。「めいそう」でHPを回復されても追いつくように、ダメージ量の多い攻撃方法を選ぶ必要があります。

呪文ならばメラゾーマとギガデインが強力ですが、デスタムーアはマホカンタを使う点に注意。パターンAの攻撃が始まった直後は呪文による攻撃は控えて、マホカンタ状態になったらこちらも「いてつくはどう」を使って解除しましょう。

特技ならば「ギガスラッシュ」がおすすめです。これならばマホカンタに反射されず、350~410の大ダメージを与えられます。それ以外にも「グランドクロス」や「かまいたち」などを補助的に使えば早めに倒せます。