1. ホーム
  2. ボス戦攻略
  3. アクバー

アクバー

基本データ

ステータス

HP MP 攻撃 守備 素早 EXP G 落とすアイテム(確率)
3300 270 230 130 8500 900 きぬのタキシード(1/1)

呪文などの有効率

ダメージ系
  • メラ
  • ギラ
  • イオ
  • ヒャド
  • バギ
  • デイン
  • 吹雪
  • 岩石
  • 軍隊
状態異常系
  • ラリホー
  • マヌーサ
  • マホトーン
  • メダパニ
  • マヒ
  • 1ターン休み
  • 踊り封じ
低下系
  • ルカニ
  • マホトラ
即死系
  • ニフラム
  • ザキ
  • メガンテ
  • 太字:確実に効く
  • 黒字:よく効く
  • 灰字:あまり効かない
  • 灰字:効かない

特性

  • 2回行動

行動(ローテーション)

  1. はげしいほのお or じひびき
  2. かえんぎり or ドラゴンぎり
  3. ザオリク or ルカナン

戦う場所

攻略法

牢獄の町を支配するモンスター。特に激しい攻撃は使わないものの、2回攻撃の上にガーディアンを2体連れて出現し、ザオリクで手下を復活させてしまうので、よく考えて戦う必要があります。ガーディアンが呼んだベホマスライムがアクバーのHPを完全回復させてしまう事態だけは、何としても避けましょう。

最初の1~2ターンは守り重視で

まずは敵の猛攻から身を守るため、スクルトとフバーハを確実にかけておきましょう。アクバーはルカナンを使って守備力を下げてくるので、できればスクルト役は2人欲しいところです。ベホマラーが使えれば回復も随時行えるので、やはり賢者を1人参戦させるのが安全でしょう。

呪文を封じれば勝利は目前

アクバーにはマホトーンが低確率ながら効くので、「まふうじのつえ」を必要な数だけ持たせるなどして全員でマホトーンを使えば、かなりの確率で呪文を封じることができます。アクバーがザオリクもルカナンも使わなくなれば、非常に有利に戦えます。イオナズンや「がんせきおとし」などの全体攻撃を多用して、ガーディアンとアクバーに同時にダメージを与えていきましょう。マホトーンの効果は7~10ターンで切れますが、それまでにアクバーを瀕死近くまで追い込めば、あえて再び封じる必要もありません。

ベホマスライムは最優先で倒す

前述のとおり、この戦闘で最も厄介なのは、ガーディアンが呼んだベホマスライムがアクバーを完全回復させてしまうことです。出現したベホマスライムは真っ先に倒すようにしましょう。ベホマスライムは攻撃呪文や攻撃特技への耐性が低いので、やはりイオナズンや「がんせきおとし」、「らいめいのけん」などを組み合わせれば一掃できます。ただし、ベホマスライムよりも先に行動できるかどうか分からない場合は、素早さの高い仲間の「せいけんづき」などで一撃必殺を狙いましょう。